Santorini サントリーニ島

どの島に行ったらいいの?調べたら数えきれないくらい島があるギリシャ。迷ったらサントリーニ島に行ってください。なぜって? 蒼い海と空、真っ白な家、こんな場所は世界にないから!三日月のような形のサントリーニ島へはアテネから飛行機で約50分、フェリーで5~8時間。断崖絶壁にひしめくように建てられた真っ白な家が特徴で、小さな街は朝から晩まで賑わう。夜になると美しい夜景を眺めに着飾った人たちが食を楽しむ。これぞリゾートの楽しみ方だが、サントリーニのような歴史のあるリゾートは、趣がある。たとえば、夕日が綺麗なイアの街を散歩することに飽きたらレンタカー、レンタルバイクで動くのもよし、また、島中を旋回するバスもあるので足を伸ばして素敵なビーチにも行ってみるのもいい。島の中心地フィラの大きなバスターミナルからいろんなビーチ行きのバス(1.4Euroから)がほぼ30分おきに出ている。乗車して空いている席に座ると乗車代を集めにくる仕組みで、お札でも彼らはしっかりお釣りを用意しているので大丈夫!。ビーチはパラソルとデッキチェアを借りると約5Euro。ビーチでの食事は街よりやや安め。サントリーニは白い砂のビーチではないが雰囲気が良くて一日のんびりできる。

イアの街から眺める夕日は絶景。 あっという間に沈んでしまうので日没時間をチェックして


▲洒落たハット屋さん。10Euroくらいから色々。まずは値切って

▲サントリーニ島の家を形取った雑貨が人気

▲サントリーニといえば青と白!

▲めだあをモチーフにした「バスカニア」と呼ばれるお守り。開運グッズと言われている

▲断崖絶壁に広がるこの絶景を満喫するホテルに泊まるべし!

▲ヤギの乳からできたフェタチーズと新鮮な生野菜を和えた名物、グリークサラダはぜひお試しを

▲ギリシャはオリーブが美味しい! アンチョビ味、チリソース味、ニンニク味など味の種類も豊富

▲チーズをフライにしたコロッケ。

青と白のサントリーニ島では、絶景の夕日に超感動!


カマリビーチは黒っぽい砂。 椰子のパラソルが可愛らしい

サンタフェ風なムードのあるホテルエントランス

お土産に困らないサントリーニ島

一日のんびりするのにぴったりなカマリビーチはトイレも完備している(有料0.5Euro)

白壁の室内はひんやりとして過ごしやすい

ギリシャの民族衣装を着た人と一緒に記念写真も撮れるけれどチップは必要!

ギリシャの地ビールは苦味が少なくて飲みやすい
イアの街の教会。 広場はいつも旅行者であふれている

アテネーサントリーニを飛ぶ飛行機は時々こんな可愛らしいプロペラ機であったりする。国内線はいきなりストになったり時間通りに飛ばないこともあるので覚悟して

▲真っ青なエーゲ海に向かって佇むぬいぐるみのロバくん

▲蒼い空、蒼い海、真っ白な家。眩しくて美しいコントラスト

 

Circular Japan 編集部 【記事に関するお問い合わせ